外壁を再塗装して美装に仕上げる

注文住宅の一戸建てに住んでいるのですが、定期的に工務店にメンテナンスをしてもらっています。
ガルバリウム鋼板の屋根と外壁にしありますので、半永久的にリフォームの必要がないと理解していたのですが、見たところ汚れているような、劣化しているような、明らかに美観を損ねているように感じられたので、工務店に質問してみました。泥跳ねの跡のようにも見えるのですが、泥が跳ねたにしては高い位置の場所なのです。

すると、空気中の酸性物質などが付着することで化学変化を起こしてしまい、汚れてしまったかのように見えるのだということでした。

横浜市 不動産情報選びはインターネットで行う時代です。

材質的な劣化は、ほとんどないということでしたが、定期メンテナンスの一環として、美装の回復ができないものか相談してみました。

すると、下塗りと上塗りの再塗装を実施することで、屋根材と外壁材の材質を損なわずに、美装を回復できると説明されました。下塗り工程が一回で、そこに上塗り工程を二回ほど行うという施工プランでした。


塗料の価格は、決して高価ではないのですが、足場を組んで作業をする必要があるため、足場の組立コストが掛かりました。屋根の塗装が先に施工されて、その後から外壁の塗装が施工されました。
見違えるような仕上がりで満足しています。

新築の時と比べると、塗膜が厚めに仕上がっているので、耐久力は高いというものの、もしも亀裂を発見したら、すぐに連絡をして欲しいと言われました。もちろん、定期的なメンテナンスは、今まで通りに行ってもらっています。